アスミール 飲み方

アスミールの正しい飲み方は?飲むタイミングや料理への活用法を紹介

アスミール

 

アスミールは子供用の栄養機能食品として大人気です。

 

牛乳に溶かすだけで1日に必要な栄養素を補給できるので、偏食のお子さんをお持ちのお母さんにも人気です。

 

子供でも簡単に作ることができるので手間いらずでお母さんも助かりますね。

 

でも、正しい方法で飲まないと適切な効果は望めません!そこで、正しい飲み方とタイミングをご紹介しようと思います。

 

ちなみに、我が家では料理にもアスミールを使っています。いくつかご紹介しますので参考になさってください。

 

牛乳に溶かして飲む

アスミール飲み方

 

アスミール公式サイトや付属の飲み方ブックに書かれている飲み方は牛乳に溶かして飲む方法です。

 

スプーン2杯と100mlの牛乳をシェイカーに入れてよ~く振ります。

 

アスミール飲み方

 

「溶けない」「味がまずい」「子供が飲まない」なんて口コミがありますが、それはアスミールが牛乳に溶けにくい性質なため、十分に溶けていないことが原因です。

 

気泡が溶け残りの原因なので気泡が落ち着くまで待ってから再度振る、を繰り返すことで完全に溶かすことができます。

 

きちんと飲み方にそって作ることで溶け残りも無くなり、おいしくいただくことができますよ。

 

イチゴミルク味は溶けやすいのでおすすめ

ココア味は溶けにくいですが、イチゴミルク味は非常に溶けやすいのでおすすめです。

 

味もいちご風味が感じられ、市販のイチゴオレと変わらないのでココアが苦手なお子さんは大変喜ぶと思います。

 

飲むタイミングは?1日何杯飲んでいいの?

アスミール飲むタイミング

 

アスミールは過剰に飲みすぎなければ1日に何杯飲んでも大丈夫です。1日に不足しがちな栄養素を補うだけなら1日1杯で問題ありません。

 

成長期のお子さんであれば1日2杯~3杯が推奨されています。

 

アスミール飲むタイミング

 

飲むタイミングのおススメは、

  1. 朝食時
  2. 運動前
  3. 夕食時

の3つです。

 

朝食時

朝食時は睡眠中に失った水分を補給するタイミングのため、アスミールを飲むタイミングとして最適です。

 

また、朝一番に飲むことで腸が活発化し、お通じがよくなると言われています。

 

運動前

アスミールに含まれるビタミンB群は食べたものをエネルギーに変える栄養素のため、運動の30分前に飲むとベストです。

 

夕食時

身長を伸ばすには成長ホルモンの分泌が必要です。成長ホルモンが活発化する22時~2時は睡眠のゴールデンタイムとされ、この時間帯に睡眠をとることが推奨されています。

 

就寝から1時間半が体内にカルシウムが吸収されやすい時間帯なので、夕食時にアスミールを飲み必要な栄養素を補給しましょう。

 

アスミール料理レシピを一部ご紹介

アスミールレシピ

 

アスミール豆乳パンケーキ

ものすごく簡単です!市販のホットケーキミックスにアスミールを混ぜ、牛乳の代わりに豆乳を使って作るだけです♪

 

我が家ではココア風味を強めにしたいのでアスミールを気持ち多めに使っています。

page top

▲TOP